【仕事】1日5時間勤務制 残業無し その理由って?!

投稿日:


会社員の務める時間は、1日8時間、週5日勤務が普通の所です。

しかし、「1日5時間労働制」を取り入れてる会社があるそうです!

1日5時間って本当なの?!

アルバイトよりぜんぜんいいんじゃないの?!

って思いました。

1日5時間労働の目的は?!

その効果は?!

会社は大丈夫なの!?

気になる事は沢山あります。

 

1日5時間労働の目的は?!

仕事時間は13時から18時の5時間。

仕事パフォーマンスと、生産性の向上が目的です。

短い時間で集中して一気に仕事をしてしまおうという考えでしょう。

確かに、朝一は眠いし、電車通勤している人なんかはラッシュ疲れがあり、集中しにくいです。

労働時間の割には、作業効率が悪く、費用対効果が低いと判断したんでしょう。

だったら短い時間で集中的に仕事をした方が、効率も良いし、費用対効果も良いという訳です。

 

5時間労働の効果は?!

社内でアンケートを取った結果、全社員の83%の人が「大変満足している」という結果になったそうです。

それはそうなると思います・・・

給料が変わらず、労働時間が短くなるなら誰だってその方が良いはずでは・・・

昼過ぎの出勤ならば、満員電車に乗る必要はないし、家族サービスする時間も増えるし、

午前中の時間を有効的に使えるようになります。

むしろ、満足していない17%の人はなんで満足していないのか気になる所です。

 

勤務時間が短くなって会社は大丈夫なの?!

勤務時間が短くなって、給料が変わらなくても会社の利益に支障が出て倒産してしまうようでは困ります。

これは経営者だけではなく、働いている人も気になる事です。

実際に「5時間労働制」を導入している東京都港区にある「フューチャーイノベーション」という会社では

みんなどうやって短い時間で作業を終わらせるか考え、効率的な時間配分をしているため、作業に支障はないとの事。

残業も基本的にはほとんどしないとの事です。

これは素晴らしい事だと思います。

 

これから伸びる会社のあるべき姿は?!

経営側はなるべく安い人件費でたくさん働いてもらいたいと思い、雇用側は高い給料であんまり働きたくないと思います。

これは経営側と雇用側にある考えですが、現状だと両方を受け入れる事は出来ません。

しかし、これを「ノルマ制」にしてしまえば相互の意見を尊重できると思います。

例えば生産性の事業を行う会社であれば、1日のノルマを決め、達成したら達成した時点で仕事は終わりです。

しかし、ノルマを達成しなかったら達成するまで作業をしてもらいます。

そうすれば早くノルマを達成すれば、早く達成した分だけ早く仕事を終える事ができます。

こういうシステムだったら自分はメチャメチャ頑張り、6時間かかる作業を半分の3時間で終わらせさっさと帰宅します。

もちろん中にはたくさん稼ぎたいっていう人もいると思います。

そういう人はノルマの増やせば良いのです。

ノルマをどのくらいにするかは各自が会社と契約すれば良い事なのです。

会社側もノルマを達成してもらえば問題ないし、雇用側もノルマを達成すれば労働時間が短くなります。

まさにお互いにメリットのある「WIN WIN」の関係です。

2017-06-02

 

-仕事・雑学

Copyright© 実録暴走族、少年院の体験談 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.