ホストで学んだ実践術~女を惚れされるならこれだ!~

投稿日:


ホストにも様々な考えを持ち働いている人がいると思います。

ナンバー1になって大金を稼ぎたい人、どんな世界か気になって働いてみた人、

可愛いこと知り合いになりたい人、お酒が好きな人、などなど。

ホストでお金を稼ぐにはまず指名客を取らなくてはいけません。

指名客を取ったら、指名客にお金を使わせないといけません。

その一番早い方法が女に自分の事を惚れさせる方法です。

女も嫌いな人にお金は使いませんよね。

 

どんな接客をすれば良いのか

話術ももちろん大切ですが、それ以前にマナーが大切です。

どんなにイケメンでもこれが出来てないと指名は取れません。

まずは自身の身だしなみです。

きちっと髪をセットし、服装を整えます。

この辺りはホストじゃなくて、一人の男性としても当たり前の事です。

清潔感が無い人に女性は寄ってきません。

次にテーブルマナーです。

水商売ならではのマナーがあります。

例えば、灰皿。

女性が1本吸い終わったらすぐに交換します。

交換するときも灰が落ちないように綺麗な灰皿を上に重ねてから交換します。

お酒の置き方にもマナーがあります。

ラベルの位置を必ずお客様側に向ける事です。

それと、お酒を注ぐときはラベルを上にして注ぎます。

また、お酒の入ったグラスを長い時間そのままにしておくとグラスに水滴が付いてきます。

細目にチェックしていて、水滴が付いてきたら拭かなくてはなりません。

こういったマナーが出来ない人は指名客を掴むことは厳しいです。

 

会話は明るく爽やかに

接客は明るく爽やかにするのがベストです。

昼職で行う営業なんかも同じだと思います。

商品を紹介するのに暗い感じで紹介されても、良い商品だとは思いずらいです。

ホストの場合は商品は自分自身です。

自分という商品を女性に売り込み、気に入ってもらい指名してもらうのです。

いくら良い商品(自分自身がイケメンでも)でも売り込まないと売れません。

 

指名を取れてからが本番

自分の事を気に入ってもらい指名を取る事ができたら、それで終了ではありません。

むしろそこからが本当の営業開始です。

せっかく指名を貰ったのにお店に来てくれない、お店に来てもお金を使ってくれない。

となったら指名を貰った意味がなくなってしまいます。

ホストの給料は指名客が使った金額に比例し増えていきます。

ただ気に入ってもらっただけでは売り上げは伸びないのです。

ではどうすれば良いのか。

それは自分に惚れさせる事です。

そして惚れさせるにはどうすれば良いのか。

まずはお客さんの事を好きになる事です。

そして『俺、お前の事好きだよ。』なんて言ってしまうのです。

好きと言われて嫌に感じる女性はあまりいません。

好きって言った瞬間から女性意識は変わってきます。

もちろん言ったら言っただけの気遣いや心配りは必要です。

この人本当に私の事好きなんだって思ってもらわないといけません。

 

惚れさせたら勝ち!惚れたら負け!

ホストの世界では俗に『色恋営業』なんて言います。

本当の恋人のような接客をする事です。

女性の中には疑似恋愛ではなく、本当に彼氏と思っている人が多いと思います。

でもそうなると『彼氏の為に』と思い、高いボトルを入れるようになります。

こうなったら惚れさせたホストの勝ちですねw

逆に惚れてしまった女性はたくさんのお金を貢いでしまう事になります。

 

まとめ

昼職の営業では商品を売り込む訳ですが、ホストの世界では自分という商品を売ります。

商品や営業方法が違うだけで、売り込むという営業をするのは一緒です。

そしてホストの世界では売り込んだ後(指名を貰った後)が本番開始なんです。

指名を貰ってもお金を使ってもらわないと意味がないのです。

お金を使ってもらうために一番良いと思われる方法が『惚れさせる事』だと思います。

惚れさせる魔法の言葉は

『好き』

って言う事です。

ただし、言ったからにはそれなりの気遣いや心配りをしないと返って逆効果になってしまいます。

好きになってしまうと『お金』と『時間』と『心』を貢ぐ事になります。

これだけ貢いでしまうなんて『惚れたら負け』なんて思いが出てしまいます。

こんな経験をしてしまうと自分から惚れる事がなくなってしまいます。

しかし、『惚れたら負け』って思っていても惚れてしまう人と出会ってみたいですね(笑)

-仕事・雑学

Copyright© 実録暴走族、少年院の体験談 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.