ホストという商売が儲かる!その秘密は?!

投稿日:


日本にはたくさんのホストクラブがあります。

特に新宿歌舞伎町では右も左もホストクラブというくらいたくさんの店舗が並んでいます。

2017-06-11

なぜこんなにホストクラブってそんなに儲かるの?!

ホストクラブの利益の仕組みってどうなってるの?!

今回はホストクラブが儲かる理由を記載します。

 

従業員の給料の仕組み

まず気になる所は従業員の給料の仕組みです。

お店のよって仕組みは変わりますが、今回は自分が働いていたホストクラブを参考にします。

従業員の給料は売り上げ制です。

50万円売り上げて50%バック。

300万売り上げて60%バック。

つまり、売り上げ50万だ給料が25万円。

売り上げ300万だと給料が180万円になります。

50万売り上げが行かない場合は、15万円の給料の補償があるので、給料は15万円となります。

さらに、遅刻や欠勤では罰金があります。

また、お客さんが売掛(会計をツケにする)をした場合は、担当ホストの責任になります。

もし、ツケの状態でお客さんが来なくなってしまったら担当ホストが代わりに立て替えなくてはなりません。

実際数十万という金額をバックレられて立て替えているホストがいました・・・

お店としてはお客さんにバックレられても痛くありません。

また、従業員が売り上げを上げれば上げる程、店も儲かるシステムになっています。

 

水商売ならではの高利益

お店が儲かる理由の大きな一つに水商売ならではの理由があります。

それは、お酒の原価と販売額の差が大きい事です。

例えば、焼酎などの割り物にお茶を頼んだとします。

割り物を入れる容器に入る量は500ml程です。

これが1,000円で販売になります。

しかし元は2リットルのペットボトルのお茶で、150円くらいでそこら辺で購入できます。

ペットボトル1本で割り物4回分=4,000円売り上げられます。

しかし、原価は150円程。

4,000円(販売額)-150円(原価)=3,850円(利益)

ご覧の通り、驚きの利益率です。

高額なお酒も利益率が高いです。

例えばホストでよく聞くドンペリ。

ドンペリの白は世間での販売額は10,000円ちょっとです。

自分の働いていた店では40,000円で販売していました。

ドンペリが1本でれば30,000円の利益がでます。

ぼったくりもいいところです・・・

 

水商売ならではのサービス料

サービス料って良く聞いたことがあると思います。

店ではサービス料の事を『TAX(タックス)』と呼んでいました。

これも店によって金額が違います。

自分が働いていたホストクラブでは40%でした。

かなり高額ですよね・・・

つまり、1,000円の割り物を注文すると、それに40%のTAXが付き、1,400円という事になります。

ドンペリが40,000円だと、TAX40%で16,000円、合計56,000円とうい事になります。

もちろんTAX分は従業員の売り上げにはなりません。

つまり、100,000円のボトルが注文されたとすると、TAX40%でプラス40,000円、会計は140,000円

140,000(売上)-50,000(従業員バック)-20,000(原価)=70,000円(お店の利益)

あっという間に高額な利益が出てしまうんです。

さらに、指名料や、セット料金なども取ります。

指名料やセット料金も従業員の売り上げにはならないので、お店の売り上げになります。

これだと、どれだけお店が儲かるか分かると思います。

 

まとめ

ホストクラブはお酒を高額で販売するため、利益がかなりでます。

それに加え、TAXとういサービス料もあります。

現役ホスト達が稼いだお金でホストクラブを新規出店するという話は良くあります。

これだけ儲かればホストクラブを経営したくもなりますよね・・・

しかし、お客さんに『太客』がいないと儲かりません。

お客さんの『量』も大切ですが、ホストの世界はそれ以上に『質』(お金を使ってくれる人)を大切にします。

今日はお客さんが1組しか店にいない。

しかし、その1組がたくさんお金を使ってくれるお客さんだったら、それだけでその日の営業が成り立ってしまいます。

逆にお客さんが10組いても1組20,000円程の細客ばかり。

それだと売り上げが200,000円しかなりません。

お金を使ってくれるお客さんが高級ボトルを1本入れればそれ以上の売り上げが出てしまうんです。

自分に太客がたくさんいる、もしくは太客をたくさんもっている現役ホストがたくさんいる。

そんな場合は新規ホストクラブを立ち上げるのも良いかも知れません。

-仕事・雑学

Copyright© 実録暴走族、少年院の体験談 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.