ホストに遊びに来る客ってどんな人?!

投稿日:


ホスト遊びをするとなると、かなり金額がかかりそうなイメージってあると思います。

実際ドンペリは10万ぐらい、高級ボトルは10万円~高額になると数千万の物だってあります。

それ以外にもtaxと呼ばれるサービス料が数十パーセント。

指名料だって毎回かかります。

たくさんお金を持っていないとホストで遊べない。

では、そんなホストで遊ぶ女性ってどんな人が多いのでしょうか。

 

ほとんど風俗嬢だった?!

自分は横浜の伊勢崎町という所でホストをやっていました。

伊勢崎町は風俗街としても有名という事もあり、お客さんのほとんどが風俗嬢でした。

年齢的にも20歳ちょっとぐらいの人が多かったです。

従業員の年齢も若かった事もあったせいか、若いお客さんが多めでした。

風俗嬢のお客さんは仕事でのストレス発散をするように酒を飲み、騒いでいました。

昼過ぎくらいから夜まで仕事をして、おそらく1日5~8万くらいは稼ぐと思います。

稼いだお金の7割くらいはホストで使っている感じでした。

自分達ホストも風俗嬢は『太客』というイメージでした。

もちろんお客さんに何の仕事をしているかなんて聞きません。

お客さんの方から愚痴を言ってくるので、この人の仕事は風俗なんだって分かります。

 

風俗嬢以外のお客さんってどんな人?!

お客さんの7割くらいが風俗嬢でした。

では残りの人はどんな人だったのでしょうか。

残りの3割中2割くらいがキャバ嬢です。

キャバ嬢は正直苦手な人が多かったです。

同じ水商売なので、テーブルマナーやらなんやら色々とうるさいんです・・・

それでいてあんまりお金を使う訳ではないのです。

風俗嬢とキャバ嬢では、風俗嬢の方が稼ぎが良いです。

しかし、メチャメチャ売れているキャバ嬢ともなると、風俗嬢の給料よりぜんぜん上回ります。

メチャメチャ売れているキャバ嬢なんてなかなかホストに来ません。

なので、キャバ嬢は細客で色々とうるさく面倒なイメージでした。

 

風俗嬢、キャバ嬢以外のお客さんて?!

自分の働いていた店には風俗嬢、キャバ嬢以外のお客さんはあまり来ませんでした。

それ以外のお客さんとなると、OL、フリーターなどになります。

テレビドラマで見るような女社長なんて見たことなかったです。

また、横浜のホストだったので、芸能人も見た事がありませんでした。

AV女優が一度代表との付き合いで来ていた事がありましたが、その一度きりでした。

OLやフリーターの給料だとそこまでお金を使えません。

ドンペリを入れる事だって厳しいと思います。

ホストクラブでドンペリの白を注文すると5万くらいはします。

しかし、実際は13,000円程で購入できます。

そしてドンペリのピンク!

通称ピンドンと呼ばれ、誰もが聞いたことあるドンペリです。

これをホストクラブで注文すると10万はします。

しかし、巷では28,000円程で購入出来るのです。

両方飲んでみた感想は、ドンペリの白は美味しくありません。

しかし、ピンドンは美味しいです。

ホストで注文するとかなりの額になりますが、市場で購入するならピンクのドンペリをオススメします。

 

高いボトルを入れずに普通に飲むだけなら2~3万で済むので、OLやフリーターはホストでは細客になります。

いくら横浜で栄えている場所といってもさすがの歌舞伎町には勝てません。

 

まとめ

ホストのお客さんの7割は風俗嬢、2割はキャバ嬢、1割はOL,フリーター等でした。

芸能人がホスト遊びをしているという話題が出ますが、一部の芸能人遊びに行くなら歌舞伎町のホストクラブが多いと思います。

どうせホストをやるなら歌舞伎町でやった方が良かったなって思います。

ホストの仕事に限らず、その仕事をするなら環境のより良い所でするのが良いと思います。

歌舞伎町と横浜だと客層がぜんぜん違えば、ホストの質も違います。

それでいて歌舞伎町のホストで働くのは、横浜のホストで働くより難しいというのもありません。

働けない理由があるなら仕方のない事かも知れませんが、そうでないならより良い環境で仕事をするべきです。

-仕事・雑学

Copyright© 実録暴走族、少年院の体験談 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.