少年院のあまり知られていない真実がこれだ!現実世界では考えられない!

更新日:


少年院を経験した人って余りいないと思います。

元暴走族だった自分の周りにも少年院に行ったのは数名です。

ほとんどの人が鑑別所で保護観察処分になるケースが多いです。

自分が行ったのは東京都八王子市にある『多摩少年院』という所です。

長期中等少年院で約1年間生活していました。

実際少年院で生活していると噂とは違う事や、こんな事あるんだというのが多々ありました。

実体験だから分かる少年院の真実をお伝えします。

 

少年院は罪を償う所ではなく、更生を目的とした所

日々の取り組み

少年院の日常生活は『資格取得』『職業訓練』『問題解決の取り組み』がメインです。

最初は資格取得の勉強に励み、出院があと3ヵ月になると集団寮を移動します。

移動した集団寮は出院をあと3ヵ月未満とした人達が集まる寮になります。

その寮に移動すると資格取得から職業訓練に変更します。

問題解決の取り組みは、資格取得、職業訓練が終わった後の時間にほぼ毎日行います。

資格取得には各訓練コースがあります。

  • 木工科
  • 事務科
  • 情報処理科
  • 金属加工科
  • 小型建機訓練コース

どこにするか自分の希望が出せます。

2017-06-17

資格取得

自分は情報処理科で『表計算』の資格を取得しました。

今までパソコンなんて触ったことがほとんどなかったので、ブラインドタッチから練習しました。

毎日毎日ブラインドタッチの練習をし、2週間程で出来るようになりました。

ブラインドタッチが出来るようになると、表計算の資格取得に向けて勉強を始めました。

表計算とはエクセルを使用し、データをまとめ分析したりするのに使用します。

グラフにもできたりするので、使いこなせばかなり見やすくて分かりやすい表が出来ます。

資格も1発で合格し取得する事ができました。

3級だったら初歩的な内容で簡単なので、持っておくと便利です。

少年院に行くまでパソコンも勉強もまったくしていなかった自分が取れるくらいの資格です。

 

職業訓練

その後の職業訓練では、社会に戻った時に仕事に対応できるように訓練します。

こちらも各訓練コースがあります。

  • 整備科
  • 農耕科
  • 園芸科
  • クリーニング科

こちらはどの科に行きたいのか希望は出せません。

自分は整備科でした。

草刈りや芝刈りをメインに行います。

夏だったので、プールの準備もしました。

放置されていたプールを綺麗に掃除して、塗装をやり直し、泳げる状態にしました。

整備科は各科の中で一番大変と言われています。

 

少年院の制度とは?

毎月の評価制

少年院では階級があり、毎月の評価があります。

階級は4段階で最初は『2下』から始まり『2上』→『1下』→『1上』と上がっていきます。

通常通り進んでいくと

2下は2ヵ月、2上は3ヵ月、1下は4ヵ月、1上は3ヵ月という期間で合計12ヵ月になります。

評価は『S』『A』『B』『C』『D』『E』の6段階評価です。

『B』評価を取っていれば通常の期間で少年院を出る事ができます。

しかし、1回でも『C』以下の評価を取ってしまうと1ヵ月少年院を出るのが遅くなります。

最悪ですよね・・・

しかし、『S』を取ると1発で次の階級に進級出来ます。

つまり、1下は通常4ヵ月かかりますが、最初の1ヵ月目で『S』評価を取ると3ヵ月少年院を出るのが早くなります。

また、『A』評価を2回連続して取ると次の階級に進級できます。

しかし、通常の期間よりも早く少年院を出る人は100人に1人くらいです。

2ヵ月も出るのが早くなるなんて人は200人に1人いるかいないかくらいだと思います。

最初は早く少年院を出るために頑張りますが、頑張って生活してやっともらえるのが『B』評価なのです。

現実は甘くはありません・・・

 

少年院を出る時

お金が貰える?

少年院を出る時にお金が貰える!?

こんな噂を聞いたことがあるかと思います。

実際は本当にお金が貰えます!

金額はと言うと・・・

 

 

5000円くらいです・・・

 

 

確かに貰えないよりはいいですが、1年お務めをして5000円貰えるという事は日給換算すると

5000円÷365日=約14円

少年院生活1日約14円の給料という事になります。

この金額は少年院で生活した長さや成績で左右するらしいです。

と言ってもそこまで大きな金額の差はないと思います。

実際少年院では、農耕科が作った無農薬の大根や人参を安く売ったりしています。

また、園芸科で作った花も売ったりしています。

微々たる収入ですが、自分達が作った物が売れるという喜びを感じる事が出来ます。

 

まとめ

少年院は『罪を償う』所ではなく、『更生を目的』とした所なのです。

なので、職業訓練をしたり、資格取得の勉強をしたり、問題解決の取り組みをしたりします。

ですが、日々の生活はけっして楽ではありません。

毎月成績が付けられるため、悪い成績を取ってしまうと少年院の生活が長くなってしまいます。

だれだって早く少年院を出たいです。

そのためには少年院生活を頑張らなくてはいけません。

頑張って生活してやっと通常の期間で出れる感じです。

通常の期間で出れれば頑張ったと言えると思います。

評価制で進級したりする部分は会社に似ている所があると思います。

評価が給料や役職に影響してくるシステムを導入している会社はたくさんあります。

少年院の制度と似ているので、少年院にいながら社会の仕組みが勉強できたと思います。
もしよかったらTwitterフォローお願いします



-少年院

Copyright© 実録暴走族、少年院の体験談 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.