就職するか起業するか元暴走族が本気で考えてみた!自立するってどういう事?!

更新日:




就職か起業か、社会人なら多くの人がどちらが良いか考えた事があると思います。

どちらにもメリットとデメリットはあります。

今回はどちらが良いのか考えて見ました。

 

就職のメリット・デメリット

メリット

就職=安定。

そう考える人が多いと思います。

ですので、出来るだけ大きな会社に就職するために良い高校、良い大学を目指して勉強します。

確かに大企業なら安定して給料を貰えると思います。

出世すればするほど給料も上がり、ボーナスや退職金だって増えます。

仕事内容も決められたことを決められた時間に行えば良いのでそこまで大変ではありません。

また、利益に関係なく決まった給料を貰えることが出来ます。

確かに生活は安定しそうです。

 

デメリット

定年までの時間、決められた日と決められた時間会社に勤めなければなりません。

それに、やりたくない仕事も指示があったらやらなくてはなりません。

自分の予定を立てる時も会社が休みの時にするなど、会社が優先になります。

金銭面では会社がすごい利益を出した時もその分多く給料を貰うことは出来ません。

また上下関係がある世界なので、上司の言うことは守らなくてはなりません。

付き合いなどで行きたく飲みの席なども行かなくてはなりません。

家庭を持っていても会社優先になってしまう事が多々あります。

場合によっては休日急遽会社に呼び出され、せっかくの休みが台無しになってしまう事だってあります。

時間に束縛されてしまう事が一番のデメリットだと思います。

 

起業のメリット・デメリット

メリット

事業を立ち上げる内容によりますが、基本的に自分のやりたい事が出来る。

好きな事を仕事に出来たら最高なんじゃないでしょうか。

社内のルールなども自分のやりやすい様に決める事が出来ます。

仕事の時間や休日も自分の好きなように決める事が出来ます。

また、上司がいないので不毛な付き合いもありません。

利益が出た場合は全て自分の給料となる。

金額に上限がないので、いくらでも稼ぐ事が可能です。

 

デメリット

金銭面での安定が一番の不安になると思います。

利益がちゃんと出るのか、利益が出るなら継続して出す事が出来るのか。

これが一番の不安要素であり、デメリットだと思います。

また、上司がいないので、自分が一番偉いという事になります。

つまり、会社や部下を成長させたかったら自分が成長しないといけないのです。

日々成長しなくてはいけなくなります。

 

まとめ

社会人になり、生涯で稼ぐお金は2億円と言われています。

つまり、2億円あれば一生普通に生活をすることは可能なのです。

就職すると2億円というお金を生涯かけて安定して稼ぐ事になります。

しかし、起業すると給料に上限がありません。

2億円を数年で稼げてしまう可能性もあるし、2億円以上稼げる可能性もあります。

自分は2億円稼いだらあとは仕事なんかしないで、のんびり生活したいと思っています。

もちろん起業するからには稼げなかった時のリスクもあります。

どちらを選ぶかは個人の価値観なので、どちらを選んでも否定はしません。

ただ世の中の多くの人は良い大学に入り、良い企業に就職する事を目的にしています。


-仕事・雑学

Copyright© 実録暴走族、少年院の体験談 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.