暴走族のご法度~この経験は後の人生に役立つ~

投稿日:

チーム内でのルール

自由に暴走行為をし、やりたい放題な暴走族にもご法度があります。

ご法度の内容はチームによって違ってきますが、自分が所属していたチームは

『薬物厳禁』でした。

基本的には走りをメインとしてチームだったので、薬物を使用すると走りに影響が出ると判断したからです。

当時の薬物は覚せい剤にシンナーがメインでした。

もちろん両方ともご法度です。

もしも薬物を使用したら罰金でした。

払えない場合はチームを抜けるという厳しい罰がありました。

チームを抜ける時は特攻服と単車は没収です。

 

隠れて使用している奴がいた?!

薬物の使用はご法度で、守らなかった場合は厳しい罰がありました。

それでも隠れて使用している人がいたんです。

ほれほど薬物ってすごい魅力があるのか・・・

当然チームとしては罰を与えなくてはなりません。

罰金を払うのかチームを抜けるか。

ちなみに払った罰金はチーム全員で分配します。

もちろん使用したら罰があるのは分かっていてやったことなので言い訳は聞きません。

容赦なく罰を受けてもらうのです。

 

チームのリーダーも使用していた?!

あろうことかチームのリーダーも薬物を使用していました。

チームのリーダーという立場でありながら薬物を使用するなんて言語道断です。

決まりを守らなかったから罰を与えなくてはなりません。

しかし、自分たちは困ったしまいました。

チームのリーダーに罰を与えると周りへの影響が悪いです。

同じチームの人達は

『え?!リーダーなのに?!』

という感じになり、印象は悪くなり、チームへの不安や不満も出てきます。

また、他のチームへの印象も悪くなってしまいます。

考えた結果見て見ぬふりをしたのです。

そしてこっそりともうしないようにお願いしました。

しかし、そんな簡単に薬物を辞められる訳がありません。

また隠れて使用したのです。

しかも何度も・・・

その度に見て見ぬふりをしていました。

もちろん他の人たちも様子がおかしい事には気づきます。

このままではチームとして成り立たなくなってしまうと思いました。

 

リーダーへの対策

薬物使用を辞めるようにお願いするのは何度もしました。

しかし、辞められる訳がありません。

どうしようか仲間と相談して先輩にお願いする事にしました。

状況の詳細を話し、このままではチームとしてやばい事を伝えました。

そしたら先輩から厳しく指導してくれました。(恐らくかなり殴られたんじゃないかと・・・)

その後、まったく薬物使用しなくなったかどうかは正直わかりませんが、

見てる限り使用していない感じでした。

 

まとめ

決まり事を守れなかったら罰がある。

分かっていもやってしまう奴はいつだってどこだって守れません。

しかし、守れなかった奴がいたら厳しく指導する事が必要です。

決まりを守れなかったらこんな酷い目にあうんだという事を分からせる事が

その人の今後の人生にも必ずプラスになります。

一度痛い目を見ておくと、決まりを守らなくてはいけないという意識が出てきます。

大人になってから意識や性格を変えるのは難しいので、少年の時に行っている暴走族で

こういう経験をするのは後に役に立つ事なんです。

もちろん罰を与えてる側にも効果はあります。

罰を与えている人を見ている事により、決まりを守らなかった時どうなるか分かります。

少年の時は真面目だったけど、大人になってからダメになってしまったなんて人は沢山います。

だったら少年時代に色々と経験した方が良いのではないかと思います。

また、チームのリーダーが決まりを守らなかった事を会社に置き換えると、チームのリーダーは上司になります。

上司の不正を見て見ぬ振りをするべきか、指摘するならどういう感じで行うのが良いか。

暴走族の時は先輩に相談し、解決する事ができました。

会社の上司が見て見ぬ振りが出来ない不正をしてたらどうしますか?

会社の都合や状況があると思うので、自分だったら仲間と相談し、改善策を出します。

みなさんはどうしますか?

 

 

 

-暴走族

Copyright© 実録暴走族、少年院の体験談 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.