暴走族の大規模な集会

投稿日:

大規模な集会ってどんな?!

普段の集会は大体20台くらいの台数でやっていました。

引退式や追悼式なんかになると50台以上の台数になります。

どのくらいの規模にしたいのかは主催者次第です。

たくさんの台数を集めたかったら他のチームにもお願いし、台数を集めます。

こういった大きな集会になると、単車だけではなく、車で集会を見に来る人達もいます。

しかし、車で来ると渋滞に巻き込まれてしまうケースが多く、ほとんど単車を見ることが出来ません。

 

他県のチームと一緒に集会

引退式だったか追悼式だったか分かりませんが、

他県のチームと一緒に集会をしたことがあります。

この時の台数は100台以上。

もはや何台いたのか分からないくらい多かったです。

まずは隣の市のチームと合流し、一緒になったら高速道路へ。

もちろん料金所で料金なんて払わず突破です。

高速道路だからそれなりのスピードで行くのかと思いましたが、

まだ合流していないチームがあるという事で徐行しました。

高速道路で徐行したら渋滞は大変な事になりました。

すぐに通報され、料金所でパトカーに待機され終わりだなって思っていました。

遅れていたチームが合流するとスピードを上げて高速道路を走り出しました。

さて問題の出口ですが、パトカーの待機は無くすんなりと高速道路を降りることが出来ました。

と言っても料金所を突破して出るわけですがw

料金所を担当している係りの人も何もせず、ただただ通り過ぎるのを見ているだけでした。

料金所を降り、大通りを走っているとあっちこっちから他県のチームが合流してきました。

前も後ろも単車だらけでもはや何台規模なのか分からなかったです。

地元だけでやる集会が多かったので、他県のチームを見るのは新鮮でした。

単車は格好いいし、コールも格好いいし、髪型も格好いいし

とにかくバリバリ気合が入っていました。

 

ガソリンがなくなるぅぅぅ!!

集会の前は必ずガソリンを満タンにします。

今回の集会でも満タンにしましたが、さすがに足りませんでした。

どこかのガソリンスタンドで補充しないと帰れません。

もちろんガソリンが足りないのは自分だけではありません。

24時間営業しているガソリンスタンドを発見したら補充しよう。

そんな事を仲間と話していました。

しばらく行くと24時間営業しているガソリンスタンドを発見しました。

暴走族の集団はガソリンスタンドに突撃しました。

店員さんは大慌てです!

数十台の単車が一気にガソリンを入れに来たのです。

しかも暴走族・・・・

ガソリンスタンド側の店員さんは2名。

とてもガソリンを補充しきれません。

中には勝手に入れてる暴走族もいました。

こんなガソリンを入れてる時にパトカーきたらどうすんだろ?!

って思っていたら、そういう時に限ってパトカーって来るんです!

暴走族は速攻バックレます。

ガソリンの料金?

払っているかどうか不明ですw

ガソリンを補充出来なかった人は次のガソリンスタンドで補充しなくてはなりません。

遠出するとガソリンの補充も大変なんです・・・

 

-暴走族

Copyright© 実録暴走族、少年院の体験談 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.