暴走族・走り屋・ギャング・チーマーの違いって?!

投稿日:




不良の集団グループにも色々な種類があり、活動がそれぞれ違います。

どれも似たような集団に感じますが、何処がどう違うのでしょうか。

 

暴走族

改造された単車、いわゆる族車と呼ばれる単車に乗り、特攻服を着て集団で暴走行為をします。

暴走行為をするスピードは速くないので渋滞がメチャメチャ出来ます。

当然の事ながら信号は無視します。

深夜に爆音で走られて住民の眠りは妨げられます。

集団暴走行為は明らかな犯罪なので逮捕されます。

そうなったら勿論免許は取消です。

髪型は黒髪短髪、パンチパーマやアイパーなどの髪型が多いです。

暴走族を引退した人は『旧車会』という単車愛好会のチームに入る人が多いです。

暴走族の人達が必ずと言っても過言ではないほど、暴走族の人達に読まれている本が

『BAD BOYS 』

広島を舞台に金持ちのボンボンの暴走族に入り、チームを大きくして行く物語です。

個性的なキャラが多く、暴走族の世界と日常生活のメリハリがとても面白いです。

 

走り屋

走り屋も車や単車を改造しますが、暴走族とは改造の仕方が違います。あくまでもスピードを求めたスポーティーな改造をします。

高速道路や山道を主に走ります。

スピードを出して走ったり、山道でドリフトをしたりするので、暴走族より危険な運転をします。

『ドリフト族』『ローリング族』とも呼ばれたりしています。

暴走族は見た目が怖かったりしますが、走り屋をやっている人は見た目が普通の人が多いです。

純粋に車やバイクを運転するのが楽しい人の集団です。

走り屋で有名なものといったら

『頭文字D(イニシャルD)』です。

マンガで掲載されていますが、見るならDVDがオススメです。

マンガでは伝わりにくい『走り屋の運転』が伝わってきます。

 

ギャング

ギャングを日本語にすると『暴力的な犯罪集団』という感じの意味になります。

ギャング発祥の地はアメリカで、アメリカでギャングと言えば単に不良の若者を言い事が多いです。

『ストリートギャング』とも言われています。

1990年後半からは『カラーギャング』と呼ばれる集団が首都圏を中心に現れました。

2017-06-22

赤・白・黒などのシャツを着たりバンダナをしたりし、所属するグループのシンボルカラーになります。

また、ヒップホップの文化を取り入れています。

アメリカのギャングから来ているので、凶暴性も高く喧嘩の時はためらいなくバットやナイフ等の凶器を使用します。

ギャングで有名なものと言えばテレビドラマでも放送された

『池袋ウエストゲートパーク』です。

出演者は長瀬智也さん、窪塚洋介、山下智久さん、妻夫木聡さん、加藤あいさん、佐藤隆太さんなど豪華メンバーです。

放送されたのは17年前の2000年。

豪華出演者の昔の姿を見るのも面白いものです。

 

チーマー

チーマーとは日本語で『仲間、集団、組織』を意味します。

1980年代後半から1990年代に流行っていました。

グループ同志で抗争をしたり、一般人に喧嘩を売ったりします。

また、パーティー券などを無理矢理売ったりもしています。

ロン毛でヘアバンドをするのがトレンドです。

西海岸風のヒップホップ系ファッションやローライダーなどの自動車を好む傾向があります。

2017-06-22 (1)

ギャングと似ていますが、ギャングよりは凶悪ではないグループと言った印象です。

 

まとめ

暴走族と走り屋や『車』と『バイク』をメインにするグループです。

暴走族は集団暴走行為をしたり、爆音で空ぶかしをします。

走り屋は高速道路や山道をメインに走ります。

暴走族とは違い、スピードをメインにしています。

ギャングとチーマーは少し似ている感じがします。

チーマーを凶暴化させたのがギャングといったイメージです。

自分がこの集団で怖い順番を付けるなら1位は暴走族とギャングが一緒で、次にチーマー。最後に走り屋です。


 

-暴走族

Copyright© 実録暴走族、少年院の体験談 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.