元不良がビットコインについて調べてみた

更新日:


最近『ビットコイン』という言葉をよく聞くようになりました。

ビットコインってどんなコインなのでしょうか。

元不良の素人がビットコインについて調べてみました。

2017-06-08

 

ビットコインて何?!

ビットコインとはインタネット上で存在する仮想通貨です。

お金と同じように、物を買ったり、送金したりする事が出来ます。

 

ビットコインってどうやって購入するの?!

ビットコインを購入する方法は3つあります。

1、現金でビットコインを購入する方法

2、発掘されていないビットコインブロックを採掘する方法

3、対価として入手する方法

直接購入するには、bitFlyer(ビットフライヤー)を利用する方法になります。

その為にはbitFlyerに登録する必要性あります。

ビットフライヤーは、初めて日本語対応しているビットコインの取引所なのです。

bitFlyerは『取引量』『ユーザー数』『資本金』が現在日本で1番です。

アカウント作成に必要なのは『メールアドレス』のみです。

簡単に開設することができるし、FX機能・ビットコインでの買い物も可能にしている便利なサービスです。

ビットコインを始めようとしている人はbitFlyerがオススメです。

 

また、海外にはビットコイン専用のATMがあります。

海外だとビットコインの認知度と利用者数が日本と比べて格段に多い事が分かります。

日本ではようやくビットコインについての本が出てきた頃なのです。

 

ビットコインのメリットって?!

●個人間で送金が簡単にできる

一般的に通貨を送金する場合は銀行を仲介する場合が多いです。

しかし、ビットコインの場合は個人間で直接支払う事ができます。

直接会って現金のやり取りをする必要性がありません。

●手数料が安い(無料)

仲介する銀行などがないので、基本的には手数料がかかりません。

銀行でもクレジットカード支払いでも手数料はかかります。

これは個人間の支払ににおいては重要な特徴です。

●制限がない

手続きや制限がないので、自由に使えます。

また国によって通貨の単位が異なるといった事もないので、世界中で同じ通貨が利用できるというメリットがあります。

 

ビットコインのデメリットって!?

●利用している店舗が少ない

日本でもビットコインの利用数は増えていますが、全体から見ればほんのわずかです。

通貨の役割としては限定的なのが現状です。

●相場の変動が大きい

ビットコインも円やドルなどと同じように交換レートが存在します。

現時点では投機的側面が強く、暴騰暴落を繰り返しており、価格の変動が激しい状況です

●犯罪の可能性

プライバシーが確保されると言われていますが、犯罪組織がマネーロンダリング等に利用することも多いようです。

 

まとめ

ビットコインとはインターネット上での仮想通貨です。

現金と同じように送金したり、物が買えたりします。

海外ではかなり発展していますが、日本ではそれほど発展していません。

使用している店舗もごくわずかなのが現状です。

本物と通貨と同じ価値があるので、メリットが増え、デメリットが少なくなれば今利用する人が増えてくると思います。

もしよかったらTwitterフォローお願いします

-仕事・雑学

Copyright© 実録暴走族、少年院の体験談 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.