KinKi Kids主演ドラマ「ぼくらの勇気」が復活

投稿日:

1997年に放送された連続ドラマ

『ぼくらの勇気』が20年と時を経て復活!

主演はKinKi Kidsの堂本剛さんと堂本光一さん。

ドラマで堂本剛さん演じるタケルが20年前の最終回で言った

「20年後、またこの場所で会おう」との約束が果たされる事になります。

ロマンチックですね。

平均視聴率は16.8%記録し、KinKi Kidsが歌った主題歌「愛されるより 愛したい」は160万枚以上の大ヒットを記録した。

 

どんなドラマだったの?!

1997年に放送された連続ドラマで、千葉県の臨海幕原(幕張がモデル)地区で大地震があったとのニュースが流れる。

しかし、地震は政府による情報操作で発生した事で、実際には微生物に汚染されてしまう。

大人は達は死んでしまい、未成年だけの街にり、町全体が封鎖されていた。

その後、ヤマトやタケルは、様々な問題や事件に立ち向かいながら仲間を増やし、力を合わせ暴力に支配された子供だけの街に秩序を築いていく。

T幕原型という微生物に汚染され、皮膚接触によって感染する。

感染すると数時間で死んでしまう。

2017-05-14 (10)

主要人物は

ヤマト(堂本光一)

18歳の主人公。

地震が心配で友人を探しに一人で現場に行く。

物語終半では大将として仲間達を率いて真実を隠蔽する政府に対し宣戦布告し激闘を繰り広げた。

 

タケル(堂本剛)

18歳のもう一人の主人公。

関西弁でしゃべり、ヤマトとは異なる性格の持ち主。

ヤマトと共に政府に立ち向かう。

ヤマトとタケルは地震のあった千葉まで自転車で向かっている途中に出会う。

タケルはボランティアで現場に向かっている。

 

ユーリ(宝生舞)

ドラマのヒロイン。

唯一拳銃を所持しているので、皆から恐れられている。

最初はヤマト達と対立していたが、次第に信頼関係で結ばれていく。

 


 

あれから20年。

ドラマ関わったスタッフも同じ人で再開するらしい。

見たことない人が今回のドラマを見ても楽しめるらしいですが、

20年前のドラマを見ていない人は是見て頂きたいと思います。

ゆとり世代と言われる今の人たちにとっては衝撃な事が多いドラマだと思います。

個人的には昔のドラマがこうやって復活してくれるのは嬉しいですし、見るのがすごく楽しみです。

いしだ壱成さんが主演の『未成年』とかも復活して欲しいですw

 

-仕事・雑学

Copyright© 実録暴走族、少年院の体験談 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.